紫匂う

murasaki

読書の秋ですな~!どうも増井千晶です!

今日紹介する本はこちら「紫匂う」です!

講談社文庫となります。

【内容紹介】

義か情か。武士の妻の選ぶ道とは?

刀や槍を持たない女たちの武器は、愛であり、矜持であり、信念である。

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。

すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。

側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。

今、ここで、心のままに生きられたならーー。

直木賞作家が描く、人妻の恋。

日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載がついに文庫化!

これは面白そうだ!要チェックです!

以上、増井千晶でした☆


 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中